電力自由化によって得られるメリット

電力自由化における最大のメリットは、電気料金の値下げです。電力は、国民生活を守るための重要なインフラの一つです。そのため、国から手厚い保護を受けていた産業ですが、徐々に規制緩和の流れが進み、一般家庭向けに供給元となる電力会社を選択できる電力自由化が始まりました。その結果、自由に電力会社を選ぶことができるようになったことで、市場原理が働き料金値下げが期待できるようになりました。電気料金のプランも選べるようになったことから、使用する時間帯や量などのライフスタイルに合わせた料金プランを選ぶことが可能になります。具体的には、昼間の電気代と夜間の電気代に差がつくプランなどがあります。電気代が高い時間帯には使用を控えることで電気代を今までよりも削減できる仕組みです。

他業種からの参入によるメリット

今までであれば、地域独占であったため、競争相手がいない状態でしたが、電力自由化により他業種からの参入が起こり、競争が生まれることになりました。その結果、電気料金の値下げや割引、ポイント付与など価格面でのアピールによる差別化が行われます。また、今までになかったプランやサービス、環境に配慮した電気の使用など他の電力会社との差別化を図るところも出てくることになります。他業種からの参入により通信会社であれば、携帯電話やインターネット回線とのセット契約によりお得になる電気料金プランなど得意とする分野と組み合わせたプランなども期待でき、従来の電力会社にはなかったプランなども登場する可能性があります。組み合わせによっては、ひとつひとつのサービスを個別契約するよりもお得に利用できるようになります。

より多くのメリットを得るために必要なこと

電力自由化のメリットをより多く得るためには、幅広い知識と情報をできるだけ集めることが必要になります。特に、新規参入企業は、それぞれに得になるサービスを展開し、競合企業に勝とうとしているため、比較検討することは大切なことです。電機は、日常生活から切り離すことのできないインフラの一つです。新規参入事業者の中には、解約手数料や違約金を0円に設定していたり、いつでも解約できるようにしているところも多いです。日本では、送配電網も既存の電力会社の物を利用するため、どの企業であっても安定供給を受けることができます。さらに、もともと契約していた電力会社との解約手続きは自動で行われるため、契約の移行は簡単にできることから、実際に試してみて実際にどれだけ得になったかを体験してみることも可能です。