電力自由化について知っておきたい基礎知識

私たちが生活する上で欠かせないエネルギーのひとつが電気です。電気を利用するためには、電力が必要です。従来、この電力は限定された電力会社によって供給されていました。これは地域ごとに定められた電力会社があり、個人の意思が反映されることなく、自動的にその地域の電力会社と契約をする流れであったと言うことです。電力会社にしてみれば、特別なことをしなくても利用者と契約できるわけですから、そこに競争原理はありません。また料金プランや料金の水準も、その電力会社の中で定められているものに限られていました。しかし2016年4月からは、大手の電力会社が独占していた電力市場に、新たな事業所が参入することが認められるようになりました。そしてそれと同時、利用者が任意で電力の購入先を選択できるようにもなりました。これが電力自由化であり、その基礎知識です。

電力自由化の基礎知識~どのような事業者が参入しているのか

電力自由化がどう言うことなのかが理解できたその次は、細かな点についての基礎知識を見ていきます。まず、どのような事業所が参入を果たしたのかと言う点についてです。これは電力以外のエネルギーを扱っている事業者や、通信会社、また小売りの事業所などが参入を果たしています。また事業所だけでなく、自治体が参入している地域もあります。元々、電力を扱っていなかった事業者が参入しているわけですから、電力供給の安定性やその質に対して不安を抱かれる人もいるかもしれません。ですが送電線や、電気を送るために必要な設備は従来のものが使用されます。これは従来通りの、地域の電力会社が管理を行っています。そして万が一、電力供給が不安定になった際には、地域の電力会社が不足分を補うような仕組みになっているので、電力供給の安定性は確保されており、また電力の質が劣ると言うことはないと言うことができます。その上で、利用者はより料金が安い、あるいはお得なプランがある電力会社を選ぶことができると言うことですから、これは魅力的です。

電力自由化の基礎知識~申し込むためにはどうすれば良いのか

次の基礎知識は、実際に良い電力会社が見つかって、変更する場合の基礎知識です。切り替えが面倒そうとか、今までの電力会社に変更を申し出る必要があるのでは、と思う人もいるかもしれません。ですが実際には、希望する電力会社にその旨を申し出れば、従来の電力会社に対して必要な手続きがとられるような仕組みになっています。ですから自分でこれまでの電力会社に変更の申し出をする必要は発生しません。そして新たな申し込みに関しては、ネットからでも申し込みできる電力会社もあるので、時間問わず申し込みができると言うのも魅力的です。電力自由化は、住まいによって限定されるものではありません。つまり一戸建ての人は勿論のこと、賃貸暮らしの人であっても、個人で好きな電力会社を選ぶことが可能だと言うことです。ただし管理会社や大家が電力会社と契約していると言う場合はこの対象外ですから、まずはそこから調べてみることが必要です。