電力自由化になったことによるデメリット

電力自由化によって、電気代が安くなったり、様々なサービスを受けることができるようになったりして、消費者にとってはメリットが大きいということが言えます。また、発電の種類も選ぶことができるようになるので、再生可能エネルギーを家庭の電気に使用することもできます。ただし、電力自由化には、メリットもある反面、デメリットもありますから、デメリットがあるということをよく知った上で、電力会社を検討していくということが大事になってきます。これまで、電気代は一律で、自分で選択するという必要はありませんでした。しかし、電力自由化ということで、これからは自分で電力会社や料金プランを選択していかなくてはならなくなるので、人によっては選ぶ負担が増えるということにもなります。

契約違約金が発生する場合がある

これまで電気を使用する場合は、自動的に地域の電力会社との契約となりますから、契約期間というものは存在しませんでした。しかし、電力自由化することによって、契約期間というものが発生することになります。中には、契約期間中に解約した場合は、違約金をとる企業も増えてくることになるので、安易に契約をしてしまわないように注意する必要があります。ただし、違約金をとる企業の場合は、他のサービスとセット割にしていたり、料金プランが安かったりしますから、違約金があっても上手に活用すれば、お得に利用できる可能性が高いということも言えるので、違約金があるからだめだということではありません。もし、これから電力会社と契約する場合は、違約金を含めた総合的なメリットを比較していくということが大事になってきます。

電気代が逆に上がる可能性がある

電力自由化の大きなメリットは、電気代を安くすることができるという点ですが、場合によっては電気代が上がってしまうということもあるので注意が必要になってきます。なぜ、電気代が上がってしまうのかというと、自分のライフスタイルに合わない料金プランを選んでしまった場合に電気代が増えてしまうということが考えられます。例えば、家族が増えたり、生活環境が変わったりすると、電気を使う時間帯も変化していきます。その変化に応じて料金プランを選択していればよいですが、それに合わない料金プランにしていると電気代が上がるということになります。ですから、電気料金プランについては、1年、2年先を見越して、長期的な視野に立って料金プランを検討していくということが大事になってきます。